スパイスカレー

スパイスカレー作りで便利な道具9選をインド帰りの僕がまとめました

うし
うし

どうもー‼︎

うしの散歩(@ushinosanpo)です‼︎

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

スパイスカレーを作りたい人

スパイスカレーを作りたい人
スパイスカレーを作りたい人

『なるべく効率的に時短でスパイスカレーを作りたい…。』

『どんな調理道具があれば良いのか分からない…。』

『ぶっちゃけ、カレー食べるの好きだけど、作るのめんどい…。』

こういった要望に答えます。

 

本記事の内容

⚫︎ スパイスカレー作りがはかどる便利な道具9選まとめ

読者さんへの前置きメッセージ

本記事では、スパイスカレーを作る時に”あったら”すごく便利な道具をまとめて紹介します。

以下に紹介する道具があった方が調理の時間も速くなるし、快適にスパイスカレーを作る事ができます。

継続的に、頻繁にスパイスカレーを作る方には特にオススメなので、ぜひ読んでみてください。

のスパイスカレー歴

ちなみに、僕のスパイスカレー歴についてざっくり説明しますと

・22才の頃に4ヶ月かけてインド・ネパールを旅して現地を食べ歩き

・30才の時に3ヶ月かけてタイ、インド、スリランカをカレー修行の旅

・その後、福岡ではスパイスロード高田さんのカレー塾東京カレー番長マサラワーラーのカレー教室で作り方を学ぶ

こんな感じですね。

それについては、↓過去記事に書いてありますのでぜひ読んでみてください。

【薬院スパイス】福岡カレー界のレジェンド高田さんのカレー教室薬院スパイス(元スパイスロード)の高田さんが主催されている魁!カレー塾に参加して勉強した事を記事にしました。福岡に住んでいてスパイスカレーを作ってみたいと考えている方はもれなく絶対行った方が良いです。超絶おすすめです‼︎...
マサラワーラー直伝‼︎ウールガイ(ゴーヤのピックル) スパイスカレーを作りたい人 こういった疑問にお答えします。 本記事の内容 ⚫︎ マサラワーラ...
マサラワーラー直伝‼︎ミーンコロンブ(魚のカレー )先日、福岡で開催されたマサラワーラーさんのカレー教室に参加させてもらいました。その時に教えてもらったミーンコロンブの作り方を紹介します。南インドの魚カレーです。酸味があってクリーミーで暑い夏にぴったりのカレーです!...

ぶっちゃけ、スパイスカレー作るのに調理道具いる?

結論から言うと、あった方がいいです。

その理由は

  • かかる手間や時間のストレスが軽減する
  • カレー作りのモチベーションが上がる
  • カレーの味やクオリティが上がる
  • 家族や友人がもっと喜ぶ

こんな感じですね。

 

僕も、調理道具を買う前でも超絶おいしいスパイスカレーを作る事はできていました。

ただ、手間をかければかけるほど

“うし“
“うし“
あー、作るのだるいなー…。 ( ꒪⌓꒪)

って、なるんですよね。

 

ケチな僕は、道具を買うまでに1年以上悩みました。

今は、そんな過去の自分をひっぱたいてやりたいくらい買って良かったと思っています。

有るのと無いのでは

“うし“
“うし“
次元変わった?Σ(oдo;)

ってくらい違いますので、僕はオススメします。

スパイスカレー作りで作業がはかどる便利な調理道具

1. 圧力鍋

まず1つ目は、圧力鍋です。

僕が訪れたインドやタイのレストランや家庭では、必ずと言っていいほど

圧力鍋を使っていました。

お肉や豆を短時間で柔らかく調理できるし、場合によっては

飴色玉ねぎではなく、玉ねぎのベースを圧力鍋で作ることもありました。

それくらい、スパイスカレーを作る時に

圧力鍋はかかせない存在です。

『味や栄養素が落ちる…。』みたいな意見もありますが

ぶっちゃけ僕は気にしません。

もしかしたらそうなのかも知れませんが、豆や肉を柔らかくするのに

圧力鍋だったら20〜30分で済むのに、3時間も4時間もかけられないです。

それに、スパイスカレーだけではなく他の料理にも使えますので1つは持っていても良いと思います。

ちなみに我が家は

ワンダーシェフの魔法のクイック料理を使っています。

特徴としては

● 日本製なので安心のクオリテイ

● ワンダーシェフは圧力鍋専業のメーカー

● 圧力鍋業界でトップクラスの圧力(140kpa)

● 蒸し器としても使える

こんな感じですかね。

僕は日本製の圧力鍋が欲しかったっていうのと、

ワンダーシェフは圧力鍋専業のメーカーというところに惹かれて

ワンダーシェフの魔法のクイック料理にしました。

かれこれ3年くらい使っていますが、バリバリ使えます。

僕は豚軟骨をトロトロに煮込んだカレーが好きなので、いつもお世話になっています。

その他の候補としては

鋳物屋や

パール金属の圧力鍋が良さそうでした。

どのメーカーの商品でも日本製で安心安全クオリティが高いので

あとは好みなのかなと思います。

2. 無水鍋

2つ目は無水鍋です。

無水鍋の特徴は

● 美味しさと栄養を逃さない

● 炊く、蒸す、煮る、茹でる、焼く、炒める、揚げる、オーブンとして1鍋8役

● 3世代にわたって愛用されるほど頑丈

● 軽い

我が家の無水鍋は

HALムスイの無水鍋です。

上記の特徴もそうなんですが、僕がHALムスイの無水鍋を選んだ理由は

なんといっても、見た目がカッコイイからです。

なんとなくUFOっぽいしシンプルで見てて飽きません。

カレー作りではフライパンでカレーベースを作った後

無水鍋か圧力鍋で煮込みます。

無水鍋は海外ブランドも人気ですよね。

staub(ストウブ)や

Vermicular(バーミキュラ)も良いですよね。

3. 中華鍋

3つ目は中華鍋です。

スパイスカレーでスパイスに火を通したり飴色玉ねぎ炒めをする時に

平らなフライパンだと傾けないといけないんですよね。

そんな時に重宝するのが中華鍋です。

意外ですが、インドでは僕が見たどのレストランでも中華鍋を使っています。

超有名なインド系YouTuberの今日ヤバい奴に会ったというチャンネルの動画を見ても分かると思います。

なぜ中華鍋が便利かと言うと

中華鍋は底が丸くなっていて

少ない油でも玉ねぎを炒める時にへばりつきにくく効率よく玉ねぎを炒める事ができるからです。

普通の平べったいフライパンでも炒める事はできますが

中華鍋の方が断然作業効率が良いですし、焦げ付きにくいです。

我が家の中華鍋は

山田工業所の中華鍋です。

選んだ理由

● 山田工業所は中華鍋専門のメーカー

● 頑丈な打ち出し製法

● どのサイトでも高評価

こんな感じです。

僕は飴色玉ねぎ用でしか使わないので小さめのサイズ24cmを買いました。

中華鍋を初めて使った時の感動は今でもはっきりと覚えています。

そのくらい作業効率が違います。

ちなみに、山田工業所さんを訪問した記事がありましたので載せさせていただきます。興味がある方は参考にしてみてください。

4. ミルサー

4つ目はミルサーです。

ミルサーは主にホールスパイスをパウダーにする時に使います。

それ以外にも、にんにく&しょうがペーストを作ったり、玉ねぎやトマトをペースト状にする時にも便利です。

我が家はイワタニのミルサーを使っています。

以前は実家からパクってきたマジックブレットを使っていましたが壊れてしまったので買い替えました。

感想から言うと、買い替えて正解でした。

イワタニのミルサーのおすすめポイント

  •  容器がガラスなので傷付かないし、レンジでも使える
  • カッターが刃物じゃないので洗う時にケガしない
  •  家庭用でもパワーは十分ある

ミルサーがあれば自家製ガラムマサラやホールスパイスをパウダーにできるのでより本格的なカレーが作れるようになります。

僕が初めてミルサーを使ってホールスパイスからパウダースパイスにした時は、市販のパウダースパイスよりも2倍くらい爽やかで鮮やかな香りがしたのですごく驚きました。

5. ハンドブレンダー

5つ目はハンドブレンダーです。

ハンドブレンダーは主にカレーベースを滑らかにする時に使います。

僕はあまりしませんが、ほうれん草カレーを作る時にも重宝します。

ミキサーでも良いですが、ミキサーは洗ったりするのが大変なので僕はハンドブレンダーをオススメしています。

以前は、実家からパクってきたノーブランドのハンドブレンダーを使っていたのですが、すぐにモーターが故障してしまいました。

今、我が家で使っているのはBraunのマルチクイックというハンドブレンダーです。

Braun マルチクイックのおすすめポイント

  • 洗うのが簡単
  • 鍋に直接入れてすぐ使える
  • コンパクトで収納しやすい

T-falやPanasonicとも迷いましたが

Braunと言えばヒゲ剃りのイメージがあって独断と偏見で

ハンドブレンダーも優秀だろうという事で購入しました。

スパイスカレー作りだったら有名なメーカーであればどれでも良いですね。

6. スパチュラ


出典:cakes ファイナルカレー

6つ目は、スパチュラ(ゴムベラ)です。

スパチュラはカレーベースを作った後に中華鍋やフライパンに残った旨味を根こそぎすくう時に使います。

パッと見そんなに残ってないように見えますが

スパチュラで集めるとフライパンに旨味が残っていたんだとわかります。

そう考えると、せっかくの旨味がもったいないですよね。

過去に参加したカレー教室で、東京カリ〜番長もスパチュラは重要だと語っています。

美味しさは細部に宿る…ですね。

僕は頭の部分が外せるタイプのスパチュラですが

一体型の方が手入れしやすいと思います。

その中でもタイガークラウンのスパチュラが

耐熱ですし価格もリーズナブルでバランスが良いと思います。

“うし“
“うし“
僕も次買うのはタイガークラウンにします。

7.砥石

7つ目は、砥石です。

我が家の包丁は妻の実家からパクってきた三徳包丁で砥石を使うまでは

切れ味はかなり悪かったです。

砥石を手に入れる前の僕は

“うし“
“うし“
玉ねぎ切るのめんどくさいなー…。。

だったのですが

砥石を手に入れた後の僕は

“うし“
“うし“
俺にもっと玉ねぎを切らせろよ!

と、気持ちもキャラも変わってしまうくらい包丁のキレ味が増して驚きました。

我が家で使っているのは

シャプトンの刃の黒幕オレンジという砥石です。

包丁を研ぐのが初めての僕でも簡単に研げました。

“うし“
“うし“
良い包丁を買うよりも良い砥石を買うべし!

ですね。

※(以前、友達の家でGlobalの包丁を使いましたが研いでないためキレ味はそんなに良くなかったです。)

【刃の黒幕】3年間何の手入れもしていない包丁の切れ味が蘇った‼︎最近ふと気になり調べていた包丁の研ぎ方。ネットで評判の刃の黒幕(オレンジ)という砥石を試しに使ってみました。3年間一度も研いだ事のない三徳包丁を研いでみました。そしたら何と見違える程に切れ味が鋭くなっていたのです!この記事ではその包丁の研ぎ方などを紹介しております。...

8.  薬味おろし

8つ目は、薬味おろしです。

薬味おろしは主に、ショウガやニンニクをすりおろす時に使います。

以前はプラスチックのおろし器を使っていたのですがボロくなったので

セラミックのおろし器に買い替えました。

薬院スパイスの高田さんが使っていたので、マネしました。

セラミックおろし器のおすすめポイント

  • 目詰まりが少なく手入れが簡単
  • 手先に当たっても痛くない
  • コンパクトで収納しやすい
  • 底がゴム加工なのですべらない

こんな感じで、めっちゃ使いやすいですよ。

フォルムも可愛いので愛着がわいてます。

9.  スパイスボックス

9つ目は、スパイスボックスです。

スパイスが揃い始めたら欲しくなるのがスパイスの容器ですよね。

僕が使っているのは、回して蓋を開け閉めする丸型のタッパーです。

丸型タッパーのおすすめポイント

  • 蓋を閉めていたら落としても散らばらない
  • 重ねて収納しやすく見映えが良い
  • プラスチックのものは軽くて割れないので安心

角型のタッパーだと落とした時に散らかるリスクがありますが

丸型のタッパーだとそれがありません。

“うし“
“うし“
とか言いつつ、僕はクミンシードをぶちまけちゃいました。( ˆ꒳ˆ; )
掃除するのも大変ですし、精神的にもダメージがあるので皆さんは気をつけてくださいね。

他にも、インドスタイルの本格的なものやマグネットタイプのものもあります。

まとめ:カレー好きは道具を揃えるべし

いかがでしたか?

僕も道具を揃えるまでは

“うし“
“うし“
ぶっちゃけ無くても良いっしょ⁉︎

と思っていました。

特にミルサーやハンドブレンダー、鍋類は1万円以上するので

ケチな僕は1年間くらい悩んだ上買いました。

その結果、予想をはるかに上回るくらい便利になる事に驚きました。

それに自分で作るスパイスカレーの細部の美味しさがアップさせる事ができました。

ぜひぜひ、皆さんがカレーが好きでもっと美味しいスパイスカレーが作りたいと思っているのであれば自己投資だと思って買ってみてください。

それでは、今回は以上になります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です